福岡トナカイ
東京中野にある、まついなつき先生の占いのお店「中野トナカイ」の福岡支店です。まずはゆる~く講座や鑑定から。
http://fkktonakai.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
こんばんは、波垣美兎です。
福岡では8月1日に無事、大濠公園の花火大会が執り行われました。
ここからお盆までが、夏の真ん中、ってところでしょうか。

今日はワタクシごとです。

少し前、中野トナカイのミズマチマチコ先生が
ブログにプログレスの新月と満月について書いておられました。→ ■
プログレスの新月ってよく聞きますよね、
そこから新たな30年のテーマの始まりだと。


先週、最近復活させたスターゲイザーで見てみたら
P月が5ハウスにて射手座の最終度数でした。P月って本当、サクサク進む。
正直射手の忙しさにも疲れていたので、山羊に入って修行僧みたいな
ストイックな生活は願ったりなんだけど、・・・いや、それどころでなく

私、来年の1月がP月の満月だということに気がつきました。サビアンだと
山羊座8度【太陽に照らされた家で飼い慣らされた鳥たちが楽しそうにさえずる】。

プログレスの新月は1998年、
11ハウス、双子座24度で
【凍った池の上でスケートする子供たち】というサビアン。
何かしら環境や状況の制限をうまく使って、やる、という度数かな。
(この解釈でよろしいか)
これが今度は「太陽に照らされた家」(鳥かご)で、満足している鳥。
鳥かごという制限のなかで安息している、ということでしょうか。

制限を「うまく使う」から、制限のなかで「落ち着く」。
ちょっと退行してないかな。制限て打ち破るもんだしね。
そんなこと考えていました、ここしばらく。


98年の新月当時、まだ占星術は勉強していなかったので
ここ15年を「制限をうまく使う」風には意識してこなかったです。
しかし、確かに私の仕事の部署は野戦病院みたいなとこで
ないものをない、と嘆くより、あるものでとにかくやらないと
前にもどうにも進めない場所でした。

そんな意味では、確かに当たっているかもしれません。
それがこの度、満月ですか。いやあ、怖いわ。
だってちょっと仕事で大きく方向転換しようと
考えてましたもん。

鳥かごの中で落ち着いている鳥が幸せなのか。
鳥かごという城を自分で作る鳥なのか。

停滞はイヤです。
ただ、どんな立場の人でも制限というものは必ずあり
フリーに見える人は、その制限が人よりはるかに大きなものなんだ
そういう考えもできます。
大陸ぐらいある鳥かご、とかね。


禅問答のようなサビアン。のこり次のプログレス新月まで
胸に抱いて考えてみます。

そうそう、次の新月は12ハウス蟹座24度で
【若い女性がヨットを待つ】。

ここに来て、待つのか~。余命が~。


しかし12ハウス蟹座。生命のゴッドマザー的。
ポニョのお母さんみたいになるのかしら。
それは面白そう。かも。











スポンサーサイト
 
 

Comment


秘密にする

波垣美兎

Author:波垣美兎
占いは修行中。だから本とか映画とかお酒の話が多くなるかも。
太陽牡牛、月双子、ASCは獅子。

このブログをリンクに追加する

未分類 (0)
イベント (10)
その他 (1)
ごあいさつ (2)
福岡の話 (4)
ウサギの話 (4)
タロット (1)

この人とブロともになる

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 福岡トナカイ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。