福岡トナカイ
東京中野にある、まついなつき先生の占いのお店「中野トナカイ」の福岡支店です。まずはゆる~く講座や鑑定から。
http://fkktonakai.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
前回の続き。


IMG_0509_convert_20120625124042.jpg

IMG_0510_convert_20120625124221.jpg

前回も書きました、博多と福岡を分けていた「枡形門」(ますがたもん)のあった
西中島橋にある、記念碑です。記念碑の門、まるで城壁みたいでしょ。
福岡在住だった作家白石一郎さん(白石一文さんの父)の
「十時半睡事件帖」(とときはんすいじけんちょう)シリーズに
博多部と福岡部のいざこざを書いた作品がありました。
あれの発端もここ、だったよな。

1889年。前年の市町村制改正で新しく市が誕生することになり、その名前を
「福岡市」にするか「博多市」にするかで、かなり揉めました。
地元新聞を巻き込んでの一大キャンペーン合戦なども繰り広げられ、
切羽詰まった闘いが繰り広げられた結果、僅差で「福岡市」が勝利します。
しかし納得いかなかったのが博多部の人間たち。
すぐに議会に市の名前の改正嘆願が出て再びこの問題は蒸し返されます。
ただ、やっぱりこの時も福岡側が勝利。
博多の名前は新しくできる国鉄の駅に残ることになりました。

それから100年以上経ち、福岡の町の輪郭がぼやけてきたのに対し
博多はまだまだキャラクターを色濃く残しています。
明日7月1日から、博多祇園山笠が始まります。ザ・博多のお祭り。
かつて太閤秀吉が町割りした、博多の町ごとに「飾り山」が立ち
2週間後の14日早朝、男衆が山を担いで走り抜け、そのタイムを競います。

この2週間、いいやそれ以前から「ヤマのぼせ」の男たちは
昼間から長法被着て、なんだかんだと寄り集まり酒を飲み交わしします。
その間、家業を取り仕切るのが「ごりょんさん」と呼ばれるご夫人たち。
通常商家の奥さんを指す言葉ですが、おおまかに博多の旧家のご夫人たちも
含むでしょうか。

博多はこの「ごりょんさん」たちで持っているようなもの。
今でも80代くらいの素敵なご夫人たちとお話をすると、
「私は博多部出身なのよ」と、その出自を誇られます。

博多生まれが矜持なのですね。
嫌みでなく、かっこいいです。











 
スポンサーサイト
福岡トナカイを立ち上げるにいたって、地元福岡の情報も書いていこうかなと
思っています。美味しいものとか、面白スポットとか。
全国の占い師さんが「福岡行きたい~」と思ってくれたら嬉しいなと思います。
う~ん、しかし美味しいものに関しては私の好みもあるので偏るかもしれない。

で、まずはこの話。 福岡 か 博多 か。

最初にお断りすると、「博多」という地名はありません。
現在ではJRの駅名と行政区名(博多区)に残るのみ。
在京のアナウンサーが地名のように「博多」と言いますけど
地元からするとちょっと違和感を感じます。

ただ、やんわりと天神と中洲を分ける那珂川から東向こう、石堂川までに
挟まれた部分を「博多部(はかたぶ)」とは言います。しかしこれもご年輩の方が
多いかな。

博多という地名は古く、「続日本記」(700年代)にまで遡ります。
昔は海に面した一帯を雑ぱくに「博多」と呼んでいたようです。
古来よりアジアに開けた貿易都市で、まんじゅうもうどんも博多が初上陸(諸説あり)、
日本初のチャイナタウンも博多にできました。

それが1600年、豊前の黒田長政が関ヶ原での功績を認められ、
徳川家康より筑前五十二万石を与えられてこの地に入国。
やや西側の警固村福崎という場所に城を築きます。
この際、黒田家にゆかりの備前邑久郡(岡山県)福岡の地名にあやかって
福崎を「福岡」と改名、ここに「福岡」が誕生しました。
武士の町・福岡と商人の町・博多。
博多にくらべりゃ、ずいぶんと新参者なんです。福岡って。

黒田家は新しい福岡の町を活気づかせようと、豊前の地から刀職人や馬具屋などを呼び
城の前の新しい城下町に住まわせました。また博多からも有名な呉服問屋を引き抜き
福岡に優遇して住まわせる、その代わりに博多では呉服の売買を禁じたりなど。

福岡と博多の境、那珂川にかかる中島橋には「枡形門(ますがたもん)」という
堅牢な城門が建てられました。表向きの理由はきっと「外敵からの侵入を防ぐ」という
理由なんだろうけど、博多もん(者)にとっては面白くないですよね。
外敵来たら自分たちだけ守って俺等は蚊帳の外、ならず、門の外かよって。
それ以外のいろんなことが・・・後から来たくせにってよ、と。


つづく。

IMG_0507_convert_20120625123851.jpg

那珂川を真ん中に左が、ゆるやかに博多。右が福岡。
書斎りーぶるさん近くの中島橋にて。
夏至の日に撮影。ちょっと曇っていますね。ご勘弁を。






 
こんにちは、はじめまして。

波垣美兎(なみがき みと)と申します。

福岡トナカイとは
東京中野にあります、まついなつき先生の占いのお店「中野トナカイ」の
初の地方支店として、今年4月に地味に活動を開始しました。
福岡出身で現在中野トナカイさんに席をおいている
占い師の日下ゆに(くさか ゆに)さんを中心に
天神にある書店「書斎りーぶる」を拠点として
これからもさまざまなイベントを開催していくつもりです。

とはいえ、今現在、まだイベントを一つこなしたばかりですし
書斎りーぶるに常駐の占い師さんがいるわけでもありません。

ただ、福岡トナカイとしては何かしら発信していきたくて
とりあえずブログを始めてみました。


わたくしは占い師ではありません。占い勉強中の身です。
中野トナカイには東京出張時に機会をみつけて観てもらいに行っておりました。
「こちら福岡にもこんなお店、できたらいいのに」とぶすぶす思っていたら
なんと発足しちゃいました。

せっかく誕生したこの福岡トナカイ、ずっと続けていきたくて
とりあえずお客であった私がまずブログを始めた次第です。
こちらでイベントの告知や日下ゆにさんに占いの記事など書いてもらいながら
私、波垣が占い周辺の記事とその他の日常ごとなど綴っていきたいと思います。


波垣美兎、というのはもちろん本名ではありません。
(さきほど苦し紛れに思いつきました、うふふ)
書いていながら、まだしっくりきておりません。着こなせるか、この名前!


とりあえず、ご挨拶まで。


皆々様、よろしくお願いいたします。
 



                                  波垣美兎



 

波垣美兎

Author:波垣美兎
占いは修行中。だから本とか映画とかお酒の話が多くなるかも。
太陽牡牛、月双子、ASCは獅子。

このブログをリンクに追加する

未分類 (0)
イベント (10)
その他 (1)
ごあいさつ (2)
福岡の話 (4)
ウサギの話 (4)
タロット (1)

この人とブロともになる

QR

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 福岡トナカイ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。